通販サイトで店舗用紙袋を製作するときに決めること
ロゴ

通販サイトでの店舗用紙袋は紙の種類や手提げヒモから決めよう

通販サイトで店舗用紙袋を製作するときに決めること

紙袋

紙の種類を決める

店舗用の紙袋で始めに決めておきたい事柄は「紙の素材」です。紙袋に使われる紙はいくつもの種類があります。その中でも代表的なものが未晒クラフト紙・半晒クラフト紙・コート紙の3つです。1つ目の未晒クラフト紙は多くの紙袋に利用されています。色は茶色で強度が高く、紙の風合いが楽しめることが特徴です。2つ目の半晒クラフト紙は、未晒クラフト紙よりも色が明るく優しい印象を与えることができます。3つ目のコート紙は、上質な紙に特別な塗料を塗った紙で、高級感のある光沢が特徴です。他の紙素材に比べると価格は高くなりますが、その分高級な商品を入れるのに適しています。

手提げヒモの種類を決める

紙の素材を決めたあとは「手提げヒモの種類」を決めましょう。紙袋には手提げヒモが欠かせません。手提げヒモにもいくつかの種類があります。手提げヒモで代表的なタイプは、PPヒモ・紙単丸ヒモ・エクセルフィラメントの3つがあります。この中でも安価でポピュラーな手提げヒモが「PPヒモ」です。PPヒモにはポリプロピレンのテープが使われています。安いだけではなく、軽くて触り心地が良いことも魅力です。和風・洋風どちらの紙にも合う手提げヒモが「紙単丸ヒモ」です。紙のテープが使われています。紙で作られているので水には弱いというデメリットがありますが、こちらの手提げヒモも他のヒモに比べると安価で注文することができます。3つの手提げヒモの中で特に高価なヒモが「エクセルフィラメント」です。高価ではありますが、強度も高く手触りも良いことが特徴です。手提げヒモであるにもかかわらずキレイな光沢も魅力の1つです。

表面処理を決める

紙の種類と手提げヒモの種類を決めたあとは紙袋の表面処理を決めましょう。紙袋の表面処理で人気の高いものが「グロスラミネート加工」です。紙の表面にポリプロピレンのフィルムを貼ることで、ハリと厚みを持たせることができます。また、このフィルムのおかげで水に強い紙袋を作ることができます。次に「マットラミネート加工」も人気の表面処理方法です。グロスラミネート加工に加えて艶消し加工が施されています。グロスラミネート加工よりもサラリとした手触りを楽しむことができ、落ち着いた印象を与えることができます。「ホットスタンプ処理」も人気の表面処理の1つです。名前の通り凸版を紙袋にスタンプする方法で、立体的なデザインを作ることができます。

サイズを決める

紙袋を作るときに最も重要になる要素がサイズです。紙袋のサイズはフルオーダーで細かく指定することもできれば、通販サイトですでに用意されているサイズから選ぶこともできます。すでに用意されている紙袋のサイズには、A4ファイル対応サイズやビン容器対応サイズなどがあります。A4ファイルサイズのアイテムやボトルサイズのアイテムを入れることが目的ならば、すでに用意されているサイズを選ぶと安価で作製することができます。お店の商品をきっちりと入れたい場合は、フルオーダーで細かいサイズを指定しましょう。すでに用意されているサイズよりも値段は高くなってしまいますが、用途に合わせた理想の紙袋を使うことができます。

お店の印象を変える紙袋

店舗用紙袋は、お店の印象を大きく変える大切なアイテムです。じっくりと考えて、お店のイメージや商品に合った紙袋を製作するようにしましょう。